So-net無料ブログ作成
検索選択

言論の不自由 [わけわかんない]

植草一秀氏のブログへアクセスできなかったが、アクセス解除となった模様である。事情が氏のブログに掲載されていたので、転載する。

==========

当ブログへのアクセスができない状況になりまして大変ご心配をおかけいたしました。過去掲載記事における記事転載に関連することがらについて、ココログ様より連絡をいただいていたメールの確認が遅れ、一時的にブログへのアクセスができない状況になりました。 連絡のあった記事は、10月23日付記事「「逃げ回る」醜態を晒す麻生首相」で、同記事に、「麻生首相:あす就任1カ月 連夜の「会合」批判にキレる」と題する、麻生首相のぶらさがり会見のやり取りと麻生首相の動静を伝える毎日新聞記事を、「毎日新聞記事を転載する」との記述をつけて転載いたしました。 この記事について、ココログ様より以下の連絡をいただきました。 「毎日新聞社より「毎日新聞の記事が全文転載されている。当該記事の全文掲載であるうえ、前後の脈絡から掲載する必然性もなく、著作権法上認められた引用にあたらない。」とのご連絡が弊社宛にございました。」 この連絡をいただいたメールの確認が遅れまして、ブログへのアクセスが遮断される措置が取られました。当方では、記事転載の記述を付けて記事を転載したものでありましたが、「引用」の範囲を超えた「全文掲載」でありましたので、当該記事をいったん非掲載とさせていただきます。後ほど、転載部分を消去した文章を掲載させていただきます。毎日新聞社にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。ブログご購読の皆様には、なにとぞ、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 ブログ閲覧の皆様に大変ご心配をおかけしましたことに対しまして、心よりお詫び申し上げます。 微力ではありますが、今後とも少しでも役立つ情報の発信に努めてまいりますので、なにとぞご支援賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

==========

「この連絡をいただいたメールの確認が遅れまして、ブログへのアクセスが遮断される措置が取られました。」とあるのは、メールが来たが、即見ておらず、連絡をしなかったために、ココログから一方的にアクセス拒否されるようにされた、ということなのだろうか?

また、「毎日新聞社より「毎日新聞の記事が全文転載されている。当該記事の全文掲載であるうえ、前後の脈絡から掲載する必然性もなく、著作権法上認められた引用にあたらない。」とのご連絡が弊社宛にございました。」とあるが、毎日新聞社は、最初に植草氏に連絡とろうとは思わなかったのだろうか?

いずれにしても、個人がインターネットを通じて自由な意見を発信するという状況に対して、暗雲が立ち込めているという不安と息苦しさを感じる。



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。