So-net無料ブログ作成
検索選択

"ニュース" を考えよう [what is it?]

テレビで、各種新聞の見出しや内容を紹介する、という番組やコーナーがある。

同じような企画は、20年以上も前からあった。代表的なのはテレビ朝日の「やじうま新聞」だと思う。20年以上前、私はそれを見るのが好きだった。

アナウンサーが読むだけではなく、評論家がコメントをする。基本的には一人の評論家が、コメントを行う。そして、ある種の出来事について、新聞ごとに表現やスタンスが異なっていることについて指摘する。コメンテーターは曜日毎に異なる。

その頃、私が好きなコメンテーターは塩田丸男氏だった。最近はすっかり見かけない。お元気であれば幸いである。

閑話休題

色々な新聞の記事をただ羅列的に並べるだけでなく、その評論家のスタンスで、各種記事を比較し、論評する。そのことにこそ、意義があったのだと思う。毎日コメンテーターが替わったのにも意味があった。

新聞が伝えることは"真実"ではない。ある特定のコメンテーターの見解が完全に正しいのでもない。

"真実"は一体どうなのか、私たちはどうすべきか考察するのは、新聞やテレビの向こうの誰かではない。それは、自分自身なのである。





nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。